審査のポイント

カードローンと違う審査のポイントは?

カードローンもフリーローンの一種ですが、銀行などではカードローンとは全く別の商品としてフリーローンのサービスを提供しています。

 

どちらも基本的に、お金の使用目的は自由(事業性資金は除く)なのですが、カードローンが主な使用目的を聞かれることはあっても、実際にその確認はされません。

 

何故なら、カードローンは契約すればいつでもどこでも自由にお金を借りることができるため、使用目的はひとつであることはないからですよね。

 

でもフリーローンは使用目的は自由でも、その目的が何かを確認した上で融資が行われ、お金を借りるごとに個別に契約しないといけません。

 

つまり、フリーローンの審査においては使用目的も審査項目のひとつになるのです。

 

何かの目的のためではなく、イザというときのためにお金を借りたいなら、カードローンの利用となります。

 

おすすめのカードローン一覧

 

使用目的

カードローンの審査で必要となる資料は、本人確認資料と所得証明書等(場合によっては不要)くらいですが、フリーローンの審査には、見積書などの使途目的確認資料が必要になります。

 

逆に言えば、生活費などの使途目的が確認できないような使途には、カードローンは利用できてもフリーローンは利用できないのです。

 

このように、使用目的が審査対象かどうかが、カードローンとフリーローンの大きなな違いと言って良いでしょうね。

 

その他の審査項目としては、年収、勤務先・勤続年数、信用情報、他社借入額などになります。

 

年収

年収が高いほど返済能力は高いと言えますので、当然のことながら審査の重要なポイントと言えるでしょう。

 

ただ、年収が低いからといって全くお金を借りることができないかというと、そうとも言えないと思います。

 

自営業などと違ってサラリーマンや公務員、またはパートやアルバイトでも、安定した一定の収入があれば、額は少なくなりますが、フリーローンの契約をすることが可能です。

 

勤務先・勤続年数

安定した一定の収入があるかどうかは、勤務する会社や勤続年数などによって確認されます。

 

サラリーマンであっても会社の経営状況によってはリストラされる可能性がありますので、安定した大企業であるほど審査に通る可能性は高くなります。

 

ですから、よほどのことがないかぎり辞めることのない公務員は、最もローンに通りやすい職業と言えますよね。

 

また自主的にコロコロと会社を変え収入が安定しない人もいますから、勤続年数も収入の安定性を測る非常に重要なポイントです。

 

信用情報

ローンを借りる場合に、自分自身では確認できない審査要素として「信用度」があります。

 

信用度は、文字どおりその人をどれだけ信用してよいかという指標になりますが、これは、過去のクレジットカードなどの利用状況などが信用会社に登録され金融会社間で共有されています。

 

過去にカード支払の滞納などがあると、この信用情報に「信用度が低い」人としてリスト掲載されるため、審査に通らなくなります。

 

ただ、何度も滞納を繰り返してブラックリストに登録されない限り、犯してしまった滞納のミスは数年でクリアされるので、滞納経験があっても年数が経っていれば問題ありません。

 

他社借入額

ローンの審査は希望する借入額に応じて審査されますが、その金融会社からの借入額だけで判断されるものではなく、他社からの借入額も確認されます。

 

返済能力以上の多額の借金があると返済が滞るのは見えていますので、当然のことであり、貸金業法上でも総量規制の決まりがあるなど、法律で定められています。

 

つまり総量規制とは、個人への貸付け額が年収の3分の1を超えてはならないいう規定です。

 

他社借入額は信用情報等で共有されていますので、虚偽の申告をしてもバレてしまいますから、そのようなことのないようにしましょうね・・・。